事業期間:2012年度〜2016年度

BizSysD ビジネスシステムデザイン分野

先端要素技術を活用したソリューション開発能力を磨く

ICTおよびIoTの先進要素技術を理解しこれらを適用して顧客の要求を満たすソリューションを開発する能力とともに、将来的にビジネスイノベーションを創出し得る人材を育成します。

ネットワーク

  • 連携校筑波大学(中核拠点)、室蘭工業大学、埼玉大学、愛媛大学、琉球大学、公立はこだて未来大学、岩手県立大学、会津大学、産業技術大学院大学

37校・54企業の教育ネットワークを形成

37校・54企業の教育ネットワークを形成

育成する人材像

ICTおよびIoTの先進要素技術を理解しこれらを適用して顧客の要求を満たすソリューションを開発する能力とともに、将来的にビジネスイノベーションを創出し得る人材

特長

  • ICTを柔軟に活かし、提案、実現、検証、修正のサイクルを繰り返すことで、真のニーズを引き出し、実用的なソリューションを柔軟に提供できるイノベーティブな人材育成
  • PBL教育のフレームワークを、情報系学部の主要カリキュラムとして浸透させ、カリキュラムを主体的に実施できるスキルをもった教員をFDを通じて養成
  • 学部PBLと大学院PBLを連携した多段的なPBL教育

目標

  参加校数 参加教員数 連携企業数 修了生数
2017年度 13 73 57 96
2018年度 22 100 69 132
2019年度 25 122 77 156
2020年度 26 139 86 181

※2016年10月現在

enpit BizSysDビジネスシステムデザイン分野より詳しい情報はビジネスシステムデザイン分野のWEBサイトへ
http://bizsysd.enpit.jp/