Emb 組込みシステム分野

組込みシステム開発技術を活用できる人材を育成

組込みシステムなどの情報システムの基盤技術を有し、新たな価値を持つシステムを構築できる人材を育成します。

ネットワーク

  • 連携校名古屋大学(中核拠点)、岩手大学、徳島大学、九州大学、東海大学、南山大学、岡山県立大学、芝浦工業大学、東北学院大学、愛媛大学

育成する人材像

組込みシステムなどの情報システムの基盤技術を有し、新たな価値を持つシステムを構築できる人材

特長

  • ロボット競技会へ参加し、テーマを共通化することで、受講学生のディスカッションや大学間の意見交換を促進
  • ロボット制御やプログラミングを題材にし、組込システム開発に必要な知識とスキルを修得
  • 企業での開発プロセスに準じて開発を行うことで、プログラミングだけではなく、要求定義や設計の技術を修得
  • 他大学の学生や教員と交流する機会を与えることで、対人基礎力を高める。

目標

  参加校数 参加教員数 連携企業数 修了生数
2017年度 10 45 20 75
2018年度 15 60 30 120
2019年度 18 75 40 160
2020年度 20 85 50 200

※2017年7月現在

enpit Emb組込みシステム分野より詳しい情報は組込みシステム分野のWEBサイトへ
http://emb.enpit.jp/enpit2/