事業期間:2016年度〜2020年度

Security セキュリティ分野

ごあいさつ

産業界が求める実践セキュリティ人材 SecCap

実環境利用型演習と、それを補足する基礎力・応用力の学習講義を通じて、産業界が求める「セキュリティ実践力のあるIT人材」を育成するプログラムです。

暗号、システム、ネットワークから、監査、マネジメントまで幅広い演習プログラムを用意しており、最新の実習環境を用いて情報セキュリティへの脅威や攻撃への対処技術を実践的に体験習得することができます。さらに、実社会のセキュリティエキスパートが取り組むインシデント分析やセキュリティ実装の演習も行います。将来の高度IT社会を支える自らの人材像にマッチした演習コースを主体的に選択し、コース修了認定「SecCap」を目指してください。

セキュリティ分野 代表
情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科 研究科長・教授
後藤厚宏

取り組みの概要

5つの連携大学が協力して開講する実践セキュリティ人材の育成コースenPiT Security(SecCap)によって、幅広いセキュリティ分野の最新技術や知識を具体的に体験的に習得することができます。技術面では、暗号をベースとする情報セキュリティ技術、Webサーバのセキュリティ技術、ネットワークセキュリティ技術から、法制度やリスク管理などの社会科学的な知識までをカバーします。受講生は、技術系、理論系、社会科学系の講義や実践演習・PBLから、それぞれが目指すキャリアパスに沿った割合で、主体的・自主的に調合した学習プログラムを作って受講することができます。
人材育成を進めるだけでなく、その育成ノウハウを全国の大学(参加大学)に広める活動を進めてまいります。これにより、実践セキュリティ人材育成の枠組み自体を作り上げることができ、実践セキュリティ人材育成のすそ野を広げ、我が国全体が必要とする人材の育成体制を作り上げることができると考えております。

取り組みの概要