事業期間:2016年度〜2020年度

Cloud クラウドコンピューティング分野

enPiT-Cloud が目指すもの

学習目標

クラウド教育を行います。

「クラウド技術を理解し、必要なスキルと知識について他者と議論し、実際のクラウド環境を用いて
大規模な処理や効率の良い処理(負荷分散や分散処理など)を提供する
アプリケーション・情報システム開発ができる人材育成」を目指します。

(1)基礎知識学習
クラウドシステムの開発に必要な基本的な知識を学びます。
システム開発に必要なソフトウェア工学やクラウドコンピューティングの技術を学ぶとともに、他者と議論しプロジェクトを円滑に進めるための方法論、コミュニケーション・ファシリテーションスキルについても学びます。
(2)短期集中合宿
夏休み期間を利用して合宿型式の学習を行います。チーム開発を行う上で必要となる、プロジェクトマネジメント、ソフトウェア開発技術を学びます。その上で、クラウド環境を利用したアプリケーション開発を、複数大学メンバーで構成されるチームで実施します。また、負荷分散、大規模データ処理等、クラウドに関する発展的な内容やクラウドコンピューティングに関する最新事例についても学びます。
(3)分散PBL
基礎知識学習、短期集中合宿で得た知識を基に、大学をまたいだクラウドシステムの開発を行います。クラウドならではの特徴を実現したシステムを目指します。また、カリキュラムを通して、国立情報学研究所のedubase Cloudや連携大学で導入したプライベートクラウド環境を利用する予定です。

教育目標

毎年の取り組みの中で参加大学を募集し、教育ネットワークを随時拡大していきます。4年後には100名の受講生を目指しています。

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 合計
育成学生数 50 70 80 100 300

(単位:名)