事業期間:2012年度〜2016年度

Emb 組込みシステム分野

付加価値の高いCPSを構築できる人材の育成

教育内容

九州大学の「連合型PBL(Project Based Learning)」と新しい産学連携教育手法である名古屋大学の「OJL(On the Job Learning)」の2つのタイプのコースから成ります。連合型PBLでは、情報処理学会組込みシステムシンポジウム(ESS)ロボットチャレンジ、もしくはETロボコンのどちらかのテーマを共通課題に、制御、機体、各種センサーの技術知識、組込みソフトウェアの利活用に関するさまざまなことを習得します。一方、OJLでは、産業界から求められる開発課題に対して、学生、教員、プロジェクトマネージャ(PM)、企業の管理者がチームを編成し、課題解決に向けた技術や管理技法を習得します。

両タイプとも基本コース(対象:主に修士課程1年生)と発展コース(対象:修士課程1・2年生)を設けており、基本コースは問題発見能力の習得を、発展コースは管理技術とその運用方法まで踏み込んだ高度な問題解決能力を身に付けるコースです。

教育内容について、詳しくはこちら>>>

連携大学

  • 九州大学大学院システム情報科学研究院
  • 名古屋大学大学院情報科学研究科

カリキュラム

  • 組込みシステム基礎
  • ソフトウェア工学
  • 組込みシステム開発総合演習基本コース
  • 組込みシステム開発総合演習発展コースなど

教育プログラム

受講した先輩の感想

  • 研究では触れない,アプリケーションやシステムの開発手法を学ぶことができました。
  • 大学の講義や研究では決して得ることができない社会に出てから役に立つスキルを身に付けることができます。
  • 実際に企業で行われているようなプロジェクトの進行を体験できたり,スケジュールの管理方法を実践で学べたのが良かったです.
  • 計画管理能力やコミュニケーション力が身に付きました。
  • チーム開発で必要な要素、特にプロジェクト・マネジメントスキルの習得、またハードウェア、ソフトウェアの両方に関わることができました。
  • チームでの作業を進めること、もの作りの体験、いろいろな人との交流や意見交換ができました。

[voice]
就活に役立つ実践力を身に付けよう
分野外の学生も参画し、もの作りの楽しさと難しさを学ぶ

公式サイト

enPiT Emb