事業期間:2012年度〜2016年度

BizApp ビジネスアプリケーション分野

先端情報技術を有機的に活用した実践的問題解決

教育内容

進化を続ける先端情報技術や情報インフラを有機的に活用し、潜在的なビジネスニーズや社会ニーズに対する実践的問題解決ができる人材を育成するプログラムです。基礎知識学習、短期集中合宿、分散PBLを通じて、先端情報技術の習得から問題解決のための情報技術の適用と利活用の側面を重視した内容です。連携企業や組織からの実務経験者を招聘し、実務的な視点からの講義や演習も行われます。PBLにおいては、できるだけ社会の実問題を捉えるような課題設定を行います。

受講生は自主的に問題を発見し、取り組むことができる機会が提供され、創造的なソリューションを発案する能力や、潜在的な顧客に対してソリューションを提案する能力を磨くことができます。

教育内容について、詳しくはこちら>>>

連携大学

  • 筑波大学大学院システム情報工学研究科
  • 公立はこだて未来大学大学院システム情報科学研究科
  • 産業技術大学院大学産業技術研究科

カリキュラム

  • ソフトウェア開発工学
  • システムプログラミング特論
  • ICTデザイン通論
  • モバイルサービスソフトウェア開発
  • ビジネスアプリケーション特論
  • ビジネスサービスデザイン実践
  • PBL型システム開発B

教育プログラム

受講した先輩の感想

  • 実践的なものづくりができました。
  • 他大学の学生と交流を持てたことと、システムを形にすることを前提として、「ユーザが真に必要とするシステムとは何か」を求めることが最も重要なことだと感じました。
  • 他校との混合チームで活動できる点、さらに分散環境での開発を経験することで、ミーティングの進め方や作業の分担の仕方など改善を考えるきっかけになりました。
  • リーンスタートアップやスクラム開発の実践を経験できました。
  • enPiTプログラムを受けるかどうか悩んでいるのならば、とりあえず受けてしまう方がいいと思います。
  • 個人での研究活動とは異なるチームでの活動を経験できたことが特に有益でした。

[voice]
失敗から学び、新たな価値を創造する場に
学生自らが正解のない課題に取り組み、問題解決プロセスを実践的に学ぶ場に

公式サイト

enPiT BizApp